パワーラックでお家にトレーニングルーム!

チンニングのやり方

チンニングのやり方

 

チンニングでは、広背筋を中心として、肩甲骨周りや、三角筋後部も刺激します。 

 

体幹も鍛えられるので、きついですがそれだけに効果的なトレーニングです。

 

こちらではチンニングやり方をご紹介いたします!

 

 

 

まず肩幅より広めにバーを握ります。

 

このとき親指は4本の指と同じ側にバーにかけた方がやりやすいです。

グーッと体を弓なりに反らせて胸を張るように上体をバーに近づけていきます。

 

あごがバーの位置までくればOKです。

慣れてきたらバリエーションとして、おもいっきり手幅を広げてチンニングをしてみましょう!

同じチンニングでも使っている筋肉が変わります。

 

手幅を広くすると、広背筋の外側にビシビシ効きます!

手幅を狭めて逆手でする方法もあります。

思いっきり体を反らせて、バーをおへその方に引いてくるイメージです。

 

背中の中心部にビシビシ効きます。

自重では物足りなくなったら、ディッピングベルトというものを使います。

 

腰からプレートをぶら下げられるので、いくらでもきついチンニングができます。

こんな風にフンガッとあげましょう!

当サイトで使用しているトレーニング用品は、ほぼすべて【BODYMAKER(ボディメーカー)】 で購入しました!値段も手頃で品質がいいのでおすすめです(^^)

ページの一番上へ>             次のページ→ディップス

サイトのTOPページへ


当サイトで使用しているパワーラックです。値段も手頃で品質もいいので自宅トレーニーにはおすすめです!

 

実践式筋トレマニュアル

<管理人のコメント>
市販の筋トレ本よりもさらに実践的な筋トレマニュアルです。本気で筋トレに取り組みたい方におすすめ致しますm(_ _)m

日本人男性専用トレーニング

サラリーマン筋トレ〜THE SHOT〜

「強くたくましい体を作る!」“究極のNNTトレーニング”

 

筋タローへのお問い合わせはこちら→