パワーラックでお家にトレーニングルーム!

スクワットのやり方

スクワットのやり方

 

スクワットでは、太ももの筋肉(大腿四頭筋、ハムストリングス)ふくらはぎ腰の筋肉など、下半身全般を鍛えられる種目です。

 

体幹も鍛えられるので、きついですがそれだけに効果的なトレーニングです。

 

こちらではスクワットやり方をご紹介いたします!

 

 

 

まずシャフトを肩に担ぎます。

 

担ぐ位置は僧坊筋の上とか三角筋の割れ目とかいろいろありますが、最初は一番自分が担ぎやすい位置で結構です。

 

このとき下を向かないように、顔は正面に向けておきます。

 

脚幅は肩幅より少し広めが基本ですが、人によって違いますので、自分が一番しゃがみやすい広さで結構です。

ゆっくりとしゃがんでいきます。

 

重いからといってすばやく下がって反動をつけて挙げるクセをつけると、将来必ず怪我をしますので、ゆっくりと下ろすことを心がけます。

一番しゃがんだ位置です。

 

上体を倒し過ぎないようにしながら、ほどよい前傾を保ちます。

 

一番きつい位置ですが、1秒くらい静止するくらいの気持ちでいる方が効果的です。

ウエイトを挙げていきます。

 

このとき膝が内側に入らないように注意しながら、シャフトを傾かせることなく挙げきります。

これで1回終了です。

 

スクワットは非常に奥が深い種目ですので、自分の一番力の発揮できるフォームを見つけながら、スクワットを楽しんでください!

当サイトで使用しているトレーニング用品は、ほぼすべて【BODYMAKER(ボディメーカー)】 で購入しました!値段も手頃で品質がいいのでおすすめです(^^)

ページの一番上へ>             次のページ→ベンチプレス

サイトのTOPページへ


当サイトで使用しているパワーラックです。値段も手頃で品質もいいので自宅トレーニーにはおすすめです!

 

実践式筋トレマニュアル

<管理人のコメント>
市販の筋トレ本よりもさらに実践的な筋トレマニュアルです。本気で筋トレに取り組みたい方におすすめ致しますm(_ _)m

日本人男性専用トレーニング

サラリーマン筋トレ〜THE SHOT〜

「強くたくましい体を作る!」“究極のNNTトレーニング”

 

筋タローへのお問い合わせはこちら→