パワーラックでお家にトレーニングルーム!

パワーラックのメリット・デメリット

パワーラックのメリット・デメリットについて

 

(1) 自分だけのトレーニングルームができ、誰にも邪魔されない自分ワールドを創れる!
(2) ジムに通う時間が節約できるので、短時間でトレーニングできる!
(3) 待ち時間がないので、いつでもやりたい時にやりたいだけトレーニングができる!
(4) 一人でパワーラックを延々独占できる!
(5) 壁にトレーニング目標を貼り付けたり、自分の使いやすいようにカスタマイズできる!

 

自宅にパワーラックを置くことにより、以上のようなメリットがあると思います。
中でも”短時間でトレーニングできる”ことや、”誰にも邪魔されずいつでも自由にトレーニングができる”ことが、最大の魅力ではないかと思います。

 

フィットネスジムだと、ベンチプレスやスクワットをしたいと思っても、
すでに使用している方がいる場合がけっこうあって、ずっと側で終わるのを待っていないと
また他の人にとられちゃいますから、けっこうな時間の無駄になりますし、
次に待っている人を気にしながらトレーニングするのもけっこうな苦痛ですからね(^^;)

 

つまり楽しくない!だからパワーラックは最高なんです!

 

 

(1) 場所をとる。自分の部屋又は最低4畳半程度のスペースが必要。
(2) 正しいフォームでできているか、見てもらう人がいない。
(3) マンション住まいの場合、階下への音が心配

 

以上のようなデメリットがあるのではないかと思います。
しかし私はこれらのデメリットを解消する方法があると思います。

 

まず(1) 場所をとるですが、これは自分次第です。
奥さんがいる場合は説得してなんとか置かせてもらうということで解決します。

 

次に(2) 正しいフォームでできているかですが、
これも自分の研究次第でどうにでもなります。
まずパワーラックの前に大きな鏡(姿見)を設置することが必須です。

 

そしてウエイトトレーニングの本インターネットなどを駆使して、
自分に合う正しいフォームというものを見つけていく探究心が必要です!

 

よくスクワットはこのフォームで!ベンチプレスはこのフォームが正しい!みたいなのがありますが、その人に合う正しいフォームって1つだけじゃなく、人それぞれのフォームってあるんです。

 

ウエイトトレーニングのプロであるボディービルダーパワーリフターでも、
同じ種目でも人によって全然フォームが違います。

 

ですので、本やインターネットの情報を鵜呑みにせず、
自分に合う正しいフォームを少しずつ見つけていくことが一番大切
です!

 

最後に(3) 階下への音ですが、
これは少しお金をかけてきちんと防振・防音対策をすれば解決できます。
私の行った防振・防音対策をご紹介しておりますので、ご参考になさってください。
防音・防振対策(計画) パワーラックの設置手順(その1)

 

パワーラックのメリット・デメリットは以上になります。これを参考に検討してみてください(^v^)

当サイトで使用しているトレーニング用品は、ほぼすべて【BODYMAKER(ボディメーカー)】 で購入しました!値段も手頃で品質がいいのでおすすめです(^^)

ページの一番上へ>             次のページ→パワーラック以外に必要なもの

サイトのTOPページへ


当サイトで使用しているパワーラックです。値段も手頃で品質もいいので自宅トレーニーにはおすすめです!

 

実践式筋トレマニュアル

<管理人のコメント>
市販の筋トレ本よりもさらに実践的な筋トレマニュアルです。本気で筋トレに取り組みたい方におすすめ致しますm(_ _)m

日本人男性専用トレーニング

サラリーマン筋トレ〜THE SHOT〜

「強くたくましい体を作る!」“究極のNNTトレーニング”

 

筋タローへのお問い合わせはこちら→